日本最大級の規模を誇る中古販売・買取サイト「ブックオフオンライン」をご存知ですか? 年間約80万人のお客様が利用してくださる通販サイトです。今回はブックオフオンラインを裏で支える、東名横浜ロジスティクスセンターを取材してきました。一体どんなところなのか、気になりませんか? 気になりますよね!? それでは、行ってみましょう!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加する

在庫は約300万点! 日本最大級の中古サイトを支える倉庫

こんにちは、ブックオフでコンテンツ制作をしている伊藤です。

オフィスで真面目に働いていたところ、突然忍び寄ってきた怪しい上司に「すごく大きな物流倉庫があるんだけど、取材してみんか」と言われ、気が付いたらここに立っていました。

そう、ここは神奈川県横浜市瀬谷区にあるブックオフオンラインの物流倉庫、東名横浜ロジスティクスセンター!

倉庫面積は、7,896坪。東京都内にあるブックオフの小型店舗が50坪ほどですので、ブックオフの小型店約158店分に相当することになります。とにもかくにも、広い! 大きい! ということはお分かりいただけるのではないでしょうか。

ブックオフの倉庫の外観
倉庫街にドーンとそびえ立つ、ブックオフオンラインの物流倉庫。鉄筋4階建てです。

この倉庫で管理しているのは、国内最大規模といわれる中古販売・買取サイト「ブックオフオンライン」の在庫です。年間で約80万人のお客様が利用してくださっているので、約300人のスタッフが「迅速・丁寧に商品をお届けする」を目指し、総力を挙げて査定・管理・出荷しています。

大量の在庫とは、一体どのくらいの数でしょうか?

なんと約300万点! そのうち、書籍・コミック・雑誌の在庫数は、約250万点にもおよびます。ほとんどを、本が占めていますね。

本の在庫を管理しているメインフロアを、チラっとお見せしましょう。 見渡す限り、本の海です。

右を見ても、本。

ブックオフの倉庫の本棚右側

左を見ても、本。

ブックオフの倉庫の本棚左側

どこを見ても本……!! 本しか見えない……!

ブックオフの倉庫の本棚正面

さすがにブックオフというだけあって、本がたくさんあります。ずっと見ていると、目が回りそうです。もちろん、CD・DVD・ゲームなどの在庫も50万点ほど管理していますよ。

お客様からお売りいただいた品物は、このような棚に入庫されます。ブックオフオンラインでご注文をいただくまでは、棚の中で一休み。サイト上で購入されたら、スタッフが納品書を元に該当の商品をピックアップして、出荷しているんです。

倉庫の中では、具体的にどんな作業が行われているのでしょうか?

早速見ていきましょう!

ブックオフといえば「買取」! 1日に届く品物は約7万点!!

「お売りいただける本などございましたら、ぜひお持ちください」

会計を済ませた後に、スタッフからこのように声を掛けられたこと、ありませんか?

ブックオフではお客様から品物をお売りいただくこと、そのものが仕入れです。一般的な小売業とは、大きく異なる部分ですね。実は、倉庫の中でも同じことを行っているのです。

自宅にいながら本やCD・DVDなどをお売りいただける「宅配買取サービス」を利用されたお客様や「出張買取サービス」を希望されたお客様から、たくさんの品物が届きます。その数は、1日に約7万点! 段ボールでは、約2,000個にも上ります。

ブックオフの倉庫に届く段ボールの数々
日々、たくさんの品物を送っていただいています。いつもありがとうございます!

届いた箱は、買取専門のスタッフが丁寧に開封。1点ずつ手作業で、査定していきます。

査定の段階では

・すぐ買取を希望されるお客様
・査定額を知ってから買取を希望されるお客様

がいらっしゃるため、返送をさせていただくこともあり得ます。いずれの場合でも、お客様をお待たせしないよう、丁寧なだけではなく迅速な作業が期待されるというわけです。

スタッフに求められるのは【秒単位の世界】。

時間を短縮するために、さまざまなオペレーションが細かく決められています。

一例を挙げてみましょう。

お客様が送ってくださった段ボールは、スタッフ1人ひとりが4秒で開封できるようにトレーニングを重ねているのだそうです。

トレーニングをする際は、スタッフの動きを固定カメラで撮影。オペレーションと違ったり、無駄な動作が含まれていたりしないかを、社員と一緒に確認しています。

「動きに無駄がありますよ」と指摘されると、「いや、そんなことないし」と思うのが人の性ですが、動画では一目瞭然。撮影された人は「あ~! 確かに(無駄な動きを)やっちゃってますね」と思わず笑ってしまうこともあるそうです。平和な世界。

1つ1つの動作を極めていくことで、神業レベルのパフォーマンスに昇華させてくるスタッフも現れます。 では、ここで買取チームのベテラン(勤務歴8年)による、滑らかな段ボールの開封をご覧ください。

箱の開封動画
技を極めしベテランスタッフの動作です。

箱を開封したら、その場ですぐ査定。書籍などに日焼けや歪み、書き込みがないかどうかを素早くチェックし、バーコードをスキャンして買取金額を出します。

ブックオフの倉庫で査定する女性
1点ずつピッピッと正確に査定。めちゃくちゃ速い……。動作に全く無駄がありません。

こうして査定を終えた品物はサイズごとに仕分けされ、別のフロアへと運ばれていきます。

本棚がズラリ! ここがブックオフ倉庫の名所だっ……!!

査定、仕分けなどの工程を進んだら、いよいよ本棚がズラリと立ち並ぶあのフロアへ……! ここにある在庫は、およそ300万点!

端から端まで歩いてみましたが、どこまで行っても本棚でした。むしろもう、ブックオフ倉庫の代名詞と言っても過言ではないフロアなのでは……?

ということで、勝手に「ブックオフ倉庫の名所」と名付けました。

ブックオフの倉庫の本棚の全体像
ブックオフ倉庫の名所をご覧ください。 やっぱり壮観……!

このフロアで行われる作業は、主に2つ。

・査定を終えた商品の入庫
・注文をいただいた商品のピックアップ

運ばれた商品は、スタッフがPDA(携帯情報端末)を使って、手作業で1点ずつ登録しながら棚に入れていきます。この入庫作業が終わったとき、ブックオフオンラインの在庫として、初めてサイト上に反映される仕組みです。

ブックオフの倉庫で使っている端末
PDAを使って商品を入れる棚を登録。実際に入れたら、入庫が完了です。

お客様から注文をいただいた、その後は

サイト上でお客様からご注文をいただいたら、発行された納品書を元に、1点ずつ該当の商品をピックアップしていきます。専門スタッフによって丁寧に梱包された後、ようやくお客様の元へ旅立っていくのです。

ピックアップの際も意識されているのは、やはりスピード。

広い倉庫内を端から端まで行き来するとタイムロスが発生するため、リレーのバトンタッチのように分業化を進めて効率化を図っています。

査定の結果を少しでも早くお客様にお知らせするために。

お客様が「欲しい」と思ったときにすぐ購入していただけるように。

スタッフが一丸となって【秒単位の世界】に挑んでいます。

ブックオフの倉庫で入庫するスタッフ
ピックアップ中のスタッフ。1日3万歩を歩く方もいるそうです。常に動き続けているため、冬でも「暑い」という人が多いとか。

もっと裏側を知りたい……! 教えて、鈴木さん!!

倉庫内の作業について、ご紹介してきました。ここまできたら「実際に働いている人に話を聞いてみたい」と思いませんか? 思いますよね!?

パッケージメディア査定チームでチーム長を務めている、鈴木直義さんにインタビューしてきました。

カメラに向かってはにかむ鈴木さん

鈴木直義さん
ブックオフコーポレーション株式会社 ブックオフECセンター運営部 宅配買取ロジスティクスグループ パッケージメディア査定チーム チーム長

2009年にパート・アルバイトスタッフとして入社した後、正社員へ。2015年に現在のチームへ異動、2018年からパッケージメディア査定チームのチーム長を務めている。『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)は第3部をこよなく愛しているほか、最近は『キングダム』(同)にもハマっているそう。

人の力で追求する、秒単位の世界

――毎日約7万点、段ボール約2,000箱が届くとのこと。まさに時間との戦いですね。

そうです、本当に秒単位なんですよ。人の力で超えられないものを望んだときに機械化を図るかもしれませんが、まだまだ僕たちにできることはたくさんあると思っています。

――人の力、というと?

1秒でも縮められるように、みんなで工夫しているんです。約300人が働く倉庫なので、1人1秒の短縮は、倉庫全体で1日数時間の効率アップにつながってきたりします。

――1秒が数時間に……! でも、300人が同じ動きをするのは難しそうですね。

人数が多いので、トレーニングは大変ですね(苦笑)。でも、必ず最初に「より多くのお客様に、より速くお届けしたいのです」「この動作の無駄をなくすと何秒カットできます」と伝えるようにしています。

――目的と結果を伝えているんですね。対人関係の摩擦も減りそうですし、何より分かりやすい。

そのかいあって年々、作業効率が上がってきているんです。「効果が出ているな」と実感できたときは、うれしいものがありますよ。

笑顔で話す鈴木さん
本当にうれしそうな鈴木さん。穏やかで優しい方でした。

――買取が終わってから、どのくらいの期間でサイト上の在庫に反映されるのでしょうか?

最短で、2日後の昼頃に反映される状態を目指しています。

――想像以上に速かった。そこまで言われると、私は「速い分、雑に扱ってるんじゃないの?」などと思ってしまうのですが、そこはどうなんでしょうか。

速さと品質の担保は、難しいところですね。お客様に査定結果をお伝えするのが遅くなってしまうので、検品に時間をかければいい……というものでもないんですよ。

出荷不備が続くとカスタマーセンターからレポートがくるので、その都度スタッフにアナウンスするようにはしています。決められた時間や動作の中でも、しっかりクオリティを保つ必要がありますね。

――バランスが大切なのですね。倉庫の仕事で、ほかにも大変に感じることはありますか?

なによりも「物量の波動」があるので、それが本当に大変です。

――ぶ、物量の波動とは?(ゴクリ)

年末年始や引っ越しシーズンといった繁忙期の圧倒的な物量のことです(笑)。この波にのまれると査定・入庫・出荷のバランスが崩れて、お客様をお待たせすることになってしまいます。

忙しい時期であってもうまく人を配して、スムーズに作業が流れるようにしておかないと。そのためには、各チームの連携と作業バランスが必要不可欠です。

真顔になる鈴木さん
「物量の波動に見舞われたら、とにかく目の前の仕事に取り組むしかないです」と、苦しみを語る鈴木さん。目の奥が全然、笑っていない。

――最後になりますが、展望や抱負などあれば、お聞かせください。

「多くの人に楽しく豊かな生活を提供すること」がブックオフグループの使命です。使命を全うするために我々ができるのは、流れを止めないことだと思っています。

店舗のスタッフも同じだと思いますが、僕たち倉庫の人間も、買取から販売までをいかに丁寧に、速やかに行うかを、強く意識しています。

これからも秒単位の戦いは続きますよ。お客様に「ブックオフオンラインを利用して良かった」と思っていただきたいですから。

――ブックオフオンラインの裏側をお話いただきました。ありがとうございました!

倉庫にも息づく、ブックオフらしさ

ブックオフの店舗には鉄のおきて「出し切り」があります。買い取った商品を、迅速に棚に並べていく、という意味です。倉庫でも、スタッフが1秒でも速くお客様に商品を届けよう、という熱意を持って働いています。働く場所は違っても、そこに変わらぬブックオフらしさが息づいているのを感じました。ブックオフオンラインで買い物をすることがあったら裏側にも、ちょっぴり思いをはせてみてください。

お客様に届ける箱の風景

TEXT 伊藤奈緒子
PHOTO 伊藤奈緒子・片倉陽

おもしろかった?