Twitterで密やかなブームとなっている「#3000円ブックオフ」。ルールは簡単で、ブックオフで3,000円ぴったりの買い物をするというもの。今回は芸能事務所である浅井企画の仲良し芸人さん4人がチャレンジしました!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加する

ブックオフ好き?お笑い芸人、ここに集結!

――3,000円ブックオフとは、
「温泉マーク@オートチューンがかかるVtuberさん(@ngo750750750)」が考案した、1店舗のブックオフで3,000円ピッタリのお買い物をして、「楽しいなぁ」と言いながらハッシュタグ「#3000円ブックオフ」をつけてTwitterにアップする、目ン玉が飛び出るくらい平和な遊びです(両親はもちろん8親等くらいまでにも言えるほど、超平和)。

前回の3,000円ブックオフの様子

「ブックオフをたちよみ!」では、前回そんな楽しい遊びを仲の良いWebライター4人が集まって行いました。が……!

友だち4人で買い物対決!「3,000円ブックオフ」が意外なほど楽しすぎた

今回は、「3,000円ブックオフ企画第二弾!」としまして、浅井企画所属のお笑い芸人さん4名にお買い物をしてもらいました!

参加者メンバーは、こちらの4名!

3,000円ブックオフ芸人編

画面左上から
田村元樹(アモーン)芸人の傍らプロのタロット占い師としても活動している芸人。ブックオフのことがウルトラ好き。
井上ポイント(ブルーザー)節約の達人としてWebメディアで記事を執筆している芸人。ブックオフのことはアルティメット好き。
牧野ステテコお笑いコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W」準優勝の経歴ありの元気いっぱいなピン芸人。ブックオフは、まぁ好き。
はなるYouTubeチャンネルを開設するほどの買い物大好き芸人。ブックオフは結構好き。

参加者全員3,000円ブックオフ未経験ではあるものの、ブックオフに対する好き度はそれなりに高いメンバーにご参加いただきました!

そしてテーマの方ですが……!

今、自分に必要なもの

「今、自分に必要なもの」となります!

誰しも人生を歩んでいると満たされない物は増え続けますよね? そこで今回は、参加者それぞれが思う“今の自分”に必要なものをブックオフで購入していいただきました!

ということで!早速3,000円ブックオフわいわい座談会スタート!

1人目。田村元樹(アモーン)

田村元樹さん

まず1人目はアモーンというコンビで活動する田村元樹さん。

田村さん(以下田村):それじゃあトップバッターは僕からいかせていただきます!

井上さん(以下井上):気合十分ですね。

ステテコさん(以下ステ):田村くんはどこの店舗で買ったの?

田村:今回僕が購入したのはBOOKOFF 武蔵小山パルム店です。

はなるさん(以下はな):あ、武蔵小山店!

田村:実は浅井企画の稽古場が武蔵小山にあって、多分ここにいるメンバー……。というか浅井企画の芸人は全員行ったことがある聖地だと思う。

ステ:確かにー!

田村:僕は特に武蔵小山店に通ってて、おそらく毎日……。いや、週8くらいで通ってんじゃないかな。

井上:そんな訳ねーだろ! 1週間は7日だぞ! ブックオフに住んでんのか! ふざけんな!

3,000円ブックオフ芸人編
カリカリツッコミでツッコむ井上さん。

はな:あははは(笑)。

ステ:まぁまぁ……。

田村:ちょっとちょっと井上くん……。気張りすぎてる?

井上:え?

はな:もしかしたら、めちゃめちゃ大事なライブのフリートークと勘違いしてます?

ステ:そんなにカリカリしないでさ、今日はほのぼの3,000円ブックオフを楽しむ会なんだから。

田村:確かにカリカリツッコミで有名だからね。

井上:誰も知らねーよ! いいから紹介してくれよ!

3,000円ブックオフ芸人編

田村:まぁ、それくらいブックオフが大好きで、特に話題になってる本とか、今月お金を使いすぎたけど買いたいなーって時は、新刊も200~300円引きで買えるので結構助かってるんだよね。

井上:確かに、最新の本もブックオフには普通に置いてますもんね。

田村:僕は自己啓発本とかビジネス書とか好きなんで、今回はそういう軸で本を3冊買ってきました!

購入品を紹介する田村さん

田村:ということでまず1冊目はこれ! ひろゆきさんのベストセラー『1%の努力』!

井上:出た! 最近話題のひろゆきさん!

ステ:ヒロユキ……さん? 何の人ですか?

はな:私も名前しか知らないです。

井上:半分がひろゆき知らね―んだ。

田村:2ちゃんねるの創始者で、最近YouTubeとか地上波で人気になってきてますね。

ステ:へー! 覚えておこ!

田村:この本って自己啓発本というよりは、タイトルからわかるように、「頑張らなくてもいいよ」ってことをひろゆきさんが言ってくれるんですよね。

はな:あ〜いいなぁ。

田村:今までの自己啓発本って、「年収300万円を1,000万円に上げよう!」みたいな内容が多かったんですけど、「この本は年収300万円の中で楽しもう!」って本です。

ステ:え? ひろゆきさんも年収300万円なんですか?

井上:そんな訳ねーだろ。

田村:「頑張らなくても楽しめる方法を探そう」とか「最小限の努力で最大限の成功をしよう」とか、それが現代っぽくて良いなぁって思ってめちゃくちゃ気に入ってます。

ステテコさんは稽古場で「自分全然頑張ってないっス」っていっつも言ってるから、ステテコさんにめっちゃおすすめですよ。

ステ:えー! 貸してください! 大物になる訳でもないけど、それなりに芸人として生活していきたいから!

はな:私も貸して欲しいー!

井上:貸し借りもいいけど、みんな、それぞれ買わない?

購入品を紹介する田村さん

田村:もう1つはこれ。キャンプ雑誌『GO OUT CAMP GEAR BOOK – キャンプ ギア – Vol.4』

はな:わー! 楽しそう!

田村:これもステテコさんにおすすめですよ。

井上:テーマがステテコさんにおすすめする本と勘違いしてる?

田村:いや、事務所でキャンプブームが来てて。最近は全然行けてないんですけど、僕とステテコさんもキャンプ好きなんですよ。

ステ:確かに楽しそー!

田村:実際これ見てるだけですげー楽しくて、めちゃくちゃ欲しいものも見つかったんですよね。

はな:ネットで見るのもいいですけど、雑誌ってそういう楽しみ方できますよね。

井上:そのめちゃくちゃ欲しいものってなんなんですか?

購入品を紹介する田村さん
お目当てのページが全然見つからず、お茶を濁しながら探す田村さん。

田村:えーとね。どこだ? グッズのページありすぎてわかんねーな。

井上:付箋貼っとけよ。

田村:全然見つからない。あれ?どこいった?

ステ:関係ないけど、後ろにある金の玉みたいなのってなんなの?

購入品を紹介する田村さん

田村:あ、これは先輩からいただいた金のひょうたんです。

はな:へ〜。

井上:へ〜ってなるかよ。なんだよ金のひょうたんって。

田村:……。うん。まぁ、いくら探しても出てこないほどの量のグッズがたくさん載ってて見てるだけでめちゃくちゃ楽しいんですよ!

井上:結局見つからなかったのか。

はな:ちなみに何が欲しかったんですか?

田村:デカいテント。ステテコさん欲しいでしょ?

ステ:うーん、いらないかも。

井上:冷たっ。

はな:そこに載ってるキャンプ道具は“1%の努力”で買えるんですか?

田村:いや、“1%の努力”で俺はキャンパーの先輩から余ってるものをいただくように生きていくから買わない! 確かひろゆきさんもそうやって書いてたと思う。

ステ:本当に?

井上:胸を張って言うことじゃないだろ。

購入品を紹介する田村さん

田村:そして最後の本は『マンガでわかる最強の株入門』! 今必要なものって、やっぱりお金がなんだかんだ必要かなって! コロナで仕事も減ってきてるから、株でコロナ渦を乗り切ろうと思って!

はな:難しそうだなぁ。

田村:その難しそうな株が、全体的に漫画でわかりやすくなってるんだよ! ほら、帯で堀江貴文さんが「必要なことはこの本にすべて載っている!」って言ってるし。

井上:すべて書いてあるんですね。

田村:「初心者はこの証券所がおすすめ!」みたいに、今すぐ始められるくらい丁寧に書いてあるんですよ。仕事がない時、お金を稼ぐにはもう株しかないでしょ! ね!

ステ:田村くんが買ってる本。なんか基本的に楽して稼ぎたいものばっかりすね。

田村:いや、僕気づいたんですよ。自己啓発本300冊以上読んできましたけど、今回ひろゆきさんの本を読んで、最低限の努力で成功するのが1番の成功だって。

井上:『1%の努力』に感化されまくってない?

田村:でも、この3冊全部で2,985円! どう? 安くない?

はな:高いのか安いのかわからないです……。

田村:でも3,000円で人生観変わったからね。安いですよ。安い人生ですよ。

井上:自分で言うかね。

田村さんの購入品

トップバッターの田村さんは自分のこれからの生活や趣味を織り交ぜた3,000円ブックオフを展開してくれました。『1%の努力』は参加者の方々にも大人気。……と、このような感じで残り3人の商品も紹介していきます!

2人目。はなる

はなるさん

はな:それじゃあ次は私が発表しますね!

ステ:はなるちゃんはどこのお店で買ったの?

はな:BOOKOFF PLUS 所沢プロぺ通り店で買いました! 大きい店舗で5階まであって、本以外にも古着屋やCDとかもあるんで、月1で古着を買いに行ってるお店です!

お買い物中のはなるさん
はなるさんは、買い物に行った時の様子を写真に撮ってきてくれました!

田村:はなるちゃんだけ20代だからどんなものなのかすごく気になるなー。

井上:確かにそれ以外はアラフォーですからね。

はな:皆さんは「それいるの?」ってものかもしれないんですけど、私には必要なものを買ってきましたよ!

購入品を紹介するはなるさん
めちゃくちゃ可愛らしい本! 本選びでも性格って出るんですね!

はな:まず1冊目はこちら!『ミッキーマウスの憂鬱』。110円ですごく安かったので、全く知らない本なんですけど、名前が可愛かったので買いました!

ステ:本だったら110円でもたくさん楽しめるからいいっスよね〜。

はな:私、今アルバイトもしてるんですけど、バイト先まで電車で40分かかるんで、その時のお供にいいなぁって!

井上:バイト先遠っ。変えた方が良くない?

田村:はなるちゃんて、確か本がめちゃめちゃ好きなんだよね。

はな:いや、本嫌いです!

井上:誰の話してんだ、マイクオフにしろ。あと、本嫌いとかも言うなよ。

購入品を紹介するはなるさん

はな:次は、三戸なつめさんのエッセイ本『なつめふく』です! 洋服とか髪型のこととかも書いてあってめっちゃ可愛いんですよね……! 前作は持ってたんですけど、この本は持っていなかったんで、買えて良かったです!

ステ:あれ? 私表紙になってない?

井上:よく見ろ、全然違うだろ。

田村:髪型は似てるけどね。

はな:実は私、三戸なつめさんに憧れて短い前髪にしてるんですよ!それくらい好きなんです!

田村:ステテコさんに憧れてるのかと思ってた! 違うんだ!

はな:もちろんステテコさんにも憧れてますよ!

購入品を紹介するはなるさん

はな:それと今、手芸を使ったネタをやってるんで何か参考になればと思って『みんなのおともだち! アンパンマンの手づくりおもちゃ&グッズ』を買いました!

ステ:すごい! めっちゃめっちゃ努力してるじゃないスかー!

井上:田村さん見習った方が良いですよ。

田村:もう、僕は変わったんですよ。これからは“1%の努力”で生きていくことにしたんですから。

はな:でも、私も楽するの好きなんで、あの本貸してください!

井上:だから買えっつーの。

購入品を紹介するはなるさん

はな:あと、私どうしても欲しいCDで、これを見つけるのに30分位かかったんですけど。

ポケットビスケッツのCDアルバム『Colorful』を買いました!

井上:懐かし! ウドさんじゃん! 浅井企画の大先輩の!

はな:私、アップリケ作りが特技なんですけど、特に8cmCDサイズのアップリケを作ってるんで、このCDもアップリケにしたいなって。

ステ:でも、ウリナリ!!(※)やってる時にはなるちゃんって生まれてる?

※注:1996年から2002年に日本テレビ系列で放送されていたウッチャンナンチャンの冠番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』のこと。前述のポケットビスケッツもこの番組で誕生した。

はな:私2000年生まれなんで、ちょうど放送してた頃に生まれました。

田村:2000年生まれなんだーすげーな……。

ステ:2000年生まれだと、自分の歳を思い出す時簡単でいいね!

井上:我々はもうそんな歳になってきてるんですか……?

はな:次なんですけど、実は私レトロなものが結構好きで、最近レコード集めをしているんですが、なんと! 所沢プロペ通り店には、最近レコード売り場ができたんですよ!

お買い物中のはなるさん

田村:レコード集めって、再生する機械は持ってるの?

はな:今は持ってなくて飾るだけなんですけど、ブックオフにレコードを再生する機械も5,000円で売ってました!

井上:それなら手が届きそうだね。

ステ:先輩から少しずつお金貰えば買えるかもね! “1%の努力”!

田村:1%も努力してね―だろ。

購入品を紹介するはなるさん
まさかのレコード。

はな:そしてこれも本当に欲しかった田原俊彦さんの『ハッとして!Good』を買いました!

田村:すごー! これって俺らでも世代じゃないでしょ?

はな:実はお母さんが田原俊彦さん好きでして! 先にレコードのアップリケは作ってたんですよね!

購入品を紹介するはなるさん

はな:これです! ちゃんと中からレコードのアップリケが出てくるんですよ〜!

ステ:可愛いー! すごい!

はな:実物を持ってなかったので、買いました! しかも300円くらいで買えたので、めっちゃ嬉しい!

井上:レコード300円は安いな。

はな:アップリケも実は毎日1個ずつ作ってて、1,000日作り終えたらそれで個展をして、本人にプレゼントするのが目標なんですよ!

田村:毎日やってるんだ。今何日目なの?

はな:今日が630日目くらいなので、頭がおかしくなりそうです。部屋もアップリケだらけだし。

井上:630日はすごいね。

田村:でも、ブックオフって本当に店舗によって売ってるものが違うから全然飽きなくて素敵だよね。

井上:なんか急にこび売ってない?

はな:じゃあ私もこび売っちゃおうかな! じゃん!

購入品を紹介するはなるさん
見た目は普通の古着ですが……。

ステ:あ! 古着だ!

はな:そうです! 私の最後の1点は200円コーナーに売ってた古着のTシャツです!

井上:200円って安いね。

はな:このTシャツを今回の記事の記念にと思って……。

購入品を紹介するはなるさん

はな:ブックオフのキャラクター(※) の刺繍を入れました! イェイ!

※注:このキャラクターは「よむよむ君」です。神奈川県相模原市出身の46歳。4月6日生まれ。

ステ:わー! 可愛いー!

田村:すごい!

井上:この後やるのが嫌になるレベルですごいね。

購入品を紹介するはなるさん
はなるさんの古着アレンジあっぱれすぎ……。こりゃすげぇや……。

はな:サイズもピッタリなんで、是非ブックオフさんCMのお話ありましたらよろしくお願いします!

井上:あ、最後はちゃんとお願いした。

田村:ちなみに、これでいくら?

はな:全部合わせてピッタリ3,000円です!

ステ:こんなに欲しいもの買えて3,000円ってすごいすね。

はなるさんの購入品

自分の好きなものからネタにも使えるものまでをピッタリ3,000円分購入したはなるさん! 記事で紹介した他にもDVDやレコード等など、色んなものを購入していました。全体的なカラーもなんかレトロな色合いで素敵!

3人目。牧野ステテコ

牧野ステテコさん

ステ:それじゃあ次は私がいこうかな!

田村:ステテコさんはブックオフによく行くんですか?

ステ:4~5年前までよく小説や漫画を買いに行ってましたよ!
でも、それから断捨離ブームに入っちゃって……。最近はブックオフで生活に必要ないものを売ってたりしてるっスね!

はな:そういう使い方もブックオフはできて便利ですよね〜。

ステ:しかも、私が長年使ってて今回も行ったBOOKOFF 246三軒茶屋店は、最近本だけじゃなくて、色んなものを買取してくれるので、そこが嬉しいポイントです!

井上:へ〜!

ステ:いやぁ! 自分で買うブックオフは久しぶりなので、ウキウキが戻ってきてすげー楽しかったっスよ! それじゃあ紹介していきますね!

購入品を紹介するステテコさん
久しぶりのブックオフにウキウキのステテコさん。

ステ:まずは、益田ミリさんの持ってない本2冊『スナック キズツキ』と『泣き虫チエ子さん 旅情編』を買いました!

田村:それはどういう本なんですか?

ステ:益田ミリさん知らないんですか!? 遅れてるっスね〜。

井上:ひろゆき知らない人に言われたくないよ。

ステ:私、大好きな作家さんなんですけど、独身女性の少し切ない気持ちを本当に上手にエッセイや漫画に落とし込む人なんですよね。

はな:あるあるみたいな感じですか?

ステ:うーん。あるあるなんですけど、自分じゃ気づいてないレベルの感情を言語化してくれていて、「あ、確かに私もそうやー!」って心が動くのが気持ちいいんですよね!

田村:例えばどんなのがあるんですか?

ステ:例えばか……。

購入品を紹介するステテコさん
お目当てのページが全然見つからず、お茶を濁しながら探すステテコさん。田村さんこらえて……。

ステ:うーん……。ちょっとすぐには出てこないです(笑)。まだ、読んでなくて!

井上:未読かよ。

ステ:いや、楽しみにとっておいてるんスよ! はなるちゃんとかも今はわからないかもしれないけど、数年後に読んだら絶対染み入るはずだから! 益田ミリさんの名前だけでも覚えておいて!

はな:染み入るんですね。

ステ:田村くんと井上くんも、女心をわかるために読んだ方が良いですよ!

田村:例えばどんなことがわかりますか?

ステ:それはわからないんですけど……。

井上:なんなんだ。

購入品を紹介するステテコさん

ステ:どんどんいくよー! 次は原田ちあきさんの『手から毒がでるねこのはなし』

はな:原田ちあきさんのイラスト可愛いですよね!

ステ:そうそう! 色使いが独特で最高なんスよ〜!

田村:どんな話なんですか?

ステ:簡単に言うと、毛並みが汚くてみんなから嫌われてる猫がシーツを被りながら健気に生きていく話なんですけど……これが、本当に心が優しくなれるんスよ! 心が洗われるんスよ!

井上:そういうお話なんだ。読んでみたいな。

ステ:田村くんとか、お金だとか無機質なことばっかり言ってないで、こういうのを読んで人間の心を取り戻して欲しいっすね!

田村:確かに。ちょっと思いましたわ。

購入品を紹介するステテコさん

ステ:それで次は鴻池剛さんの『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』と!

購入品を紹介するステテコさん

ステ:竜山さゆりさんの『うちの犬が子ネコ拾いました。』を買いました!

井上:どっちも猫漫画だ。

はな:さっきも猫でしたね。

ステ:そうなの! 今本当に猫が大〜〜〜〜好きでして! 見てるとほんわかできたり、くすくす笑えたりするのが猫漫画の良さなんですよね!

田村:実際に猫も飼ってますもんね。

ステテコさん宅の猫ちゃん
ステテコさん宅の猫ちゃん。

ステ:そうそう!『ニャアアアン!』を読んでると、うちの猫よりひどいじゃ〜んとか、これあるある!って思いながら読むのも、楽しくて楽しくて!

はな:読んでみたいな〜。

ステ:『うちの犬が子ネコ拾いました。』は、見た瞬間に「これ絶対面白い!」って思って買ったら、やっぱり面白かったっスね〜。

井上:本当に猫が好きなんですね。

ステ:この漫画は人間とか全然でてこないんですけど、犬と猫が会話したり、犬のもふもふのおなかに子猫が隠れたりして、めちゃくちゃほのぼのするんスよ!
もう、キャ〜〜〜!って! もう……キャ〜〜〜!って!

田村:わかったよ。

ステ:ていうか、みんなも癒やされ系の漫画を買ってるのかな?と思ったら案外買ってないからびっくりしました。

井上:ステさんに必要なのが癒やしってことなんじゃないんですか?

田村:うん。選んだ本から伝わる「癒やされたさ」がすごくて、ちょっぴり寂しくなっちゃいましたもん。

ステ:確かに……。本を買ってるだけなのに、自分が丸裸になっちゃうんですね……すごい。この企画深いですね……。

購入品を紹介するステテコさん

ステ:それで最後に紹介するのは、コラアゲンはいごうまんさんの『実話芸人』! やっぱりお笑いも必要だから!

田村:「コラアゲンはいごうまんさん」ていう漫談家さんがいるんですよね。

ステ:私の大好きな方で! 最近はライブも一緒になることがなくなったし、全然ネタが見れてないなぁって思ってたら、その漫談が本になってんじゃーん!って嬉しくなって買っちゃいました!

はな:本当に漫談が面白い方ですよねー!

ステ:うん。タイトルにある通り、実際に自分で体験したことしかネタにしないんですよ! 例えば、「SM女王様に弟子入り」とか「地縛霊の前でネタ披露」とか。

井上:気になる。

ステ:そうそう! 久しぶりに芸人魂をコラアゲンさんからいただこうかなって! これでぴったし3,000円ですよ!

はな:すごいー!

ステ:金額合わせもなく、欲しいものだけで本当に3,000円になったから驚きました!

ステテコさんの購入品

なんとステテコさんもピッタリ3,000円! 紹介したもの以外では、作り置きの本も購入。自分の好きなものだけを買ったら全てが癒やしにつながるもので構成されていて、そういう点でも個性がかなり出るから面白いですね……!

4人目。井上ポイント(ブルーザー)

井上ポイントさん

はな:それじゃあ最後は井上さんですね!

井上:その前にちょっといい?

田村:どうした?

井上:みんなブックオフ大好きって言ってますけど、本当に好きなのかなって。

ステ:好きだよー。しかもこんな終盤に言うこと?

井上:じゃあ皆さん。ブックオフのアプリを入れてますか?

はな:入れてないです。

田村:入れてない。

ステ:入れてないなー。

井上:ほら、ブックオフ好きじゃないじゃん。

3,000円ブックオフ芸人編
ブックオフのアプリとは……?

田村:そんなピシャリと言わなくても。

井上:あのね! 毎月29日はブックの日で! アプリを入れておくだけで、500円以上買うと300円割引になるんですよ!(※)

※注:店舗ごとにイベント内容が異なります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

はな:全く知らなかった! すごいですね! それ!

井上:無理には買わないんですけど、毎月29日にブックオフには行って、好きなものがあったらその割引クーポン使って買ってるくらい僕はブックオフ好きですね。

田村:井上くんはすごい節約家なんだよね。だからブックオフが好きな訳じゃなくて、ポイントカードが好きなんですよ。読者の方も騙されないでください。

井上:そんなことね―よ。節約が趣味ではあるからこそ、このサービスも早く知ることができたんです。

はな:そんな井上さんはどんな本を買ってきたんですか?

井上:今、4歳と2歳の息子がいるんですけど、子どもが2人もいると将来のお金について色々考えるんですよ。自分だけのお金じゃないなって。だからお金が僕には必要なものなので。

購入品を紹介する井上さん

井上:『はじめてのNISA&iDeCo 』。これを買いました。NISA(ニーサ)はやってるんですけど、iDeCo(イデコ)はやってないので。

ステ:NISAもiDeCoもわからない〜!

井上:でもこれやった方が良いですよ! 僕から断言して良いことなのかわかりませんが、自分の資産が増えていくので!

ステ:あ、iDeCoってあれ? 亡くなった人の霊とかを自分に憑依させたりするやつじゃないんですか?

田村:……それ、「いたこ」ね。

3,000円ブックオフ芸人編
めちゃくちゃ楽しそう。芸人さん同士が仲いい感じって見てるだけで最高……。

ステ:やったー!

田村:やったーじゃねーよ。すげー言いたくなかったわ。

井上:面白くない人だと思われますよ?

購入品を紹介する井上さん

井上:それで、これも将来のお金に関することなんですけど、こちら! ファイナンシャルプランナー(FP)になろうかなと思ってまして、その資格の本を買いました。

はな:資格ですかー!

井上:本当に節約が趣味なんですけど、もう少しステップアップしたいなと思ってまして――。

購入品を紹介する井上さん
突然合掌するステテコさん。

ステ:マジで取って! お願い! 本当にお願い!

田村:どうした急に。

ステ:私とか、売れてない芸人の将来設計!……して欲しい!

井上:どいつもこいつも努力をしないな!

はな:FPってそういう人をアドバイスする人なんですか?

井上:そうだね! 例えば「子どもがいる家庭だったら将来大学を卒業させるまでには、いくら必要なのか?」とか「私立と公立でどれくらい違うのか?」とかそういうのをアドバイスするのが、FPだね!

ステ:本当にお願い!

田村:もういいよ。

購入品を紹介する井上さん

井上:そして次に買ったのは『男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方』ですね。うちの2人いる子どもが全く言うこと聞かなくて困ってたんで、ストレートに今必要だなって!

はな:こうなると、やっぱりその人によって必要とするものって変わってくるから面白いですねぇ。

井上:寝る時も、長男が騒いだら次男もはしゃいで大変なんですよ。「電車ごっこ〜電車ごっこ〜」って。

田村:それは「あまり面白くない」って意味で大変なの?

井上:子どもにダメ出しする訳ないでしょ。バカタレが。

ステ:まぁまぁ。

井上:この本には、「子どもの頭の中は99%が遊びでできているけど、大人になると遊びの部分がどんどん少なくなっていくから、わかりあえなくて上手に叱れない」みたいなことが書いてあるんですよね。皆さんも10%くらいしか遊びないでしょ?

ステ:私は頭の中は、遊びの部分50%はあるかなぁ。

田村:俺60%くらいだけど。

はな:私も。

井上:じゃあ充分あるな。俺だけかよ。この本必要なの。

購入品を紹介する井上さん

井上:それと、もう僕は稼げないので、子どもに夢を託そうと思い、この本を買いました『年収1000万円「稼げる子」の育て方』。

はな:お金の本ばっかり。

ステ:もっと小説とか読んだら?

田村:でも、その本いくら?

井上:さっきのと合わせて440円です。

田村:それが1,000万円になるんだったら夢あるもんね。

井上:そうなんですよ。そして、1,000万円プレイヤーになる手始めとして――。

購入品を紹介する井上さん

井上:あとは、この『いろ』っていうアンパンマンの知育絵本を買いました。

はな:へ〜!

井上:最近2歳の子どもが言葉を覚えてきたので、ちょうどいいかなって!

ステ:可愛いな〜。ちなみに初めてしゃべった言葉は何でした?

井上:えーとなんだったけかな……。確か「ヤクルト」だったと思う。

3,000円ブックオフ芸人編! 芸人たちがガチで選んだ「今必要なもの」とは?
第一声が「ヤクルト」……めっちゃ可愛いい。

田村:あのヤクルト!? パパ・ママより先に? ヤクルト?

はな:そんなことあるんだ。

井上:それは別にいいでしょ。しょうがないよ。ヤクルトって言っちゃったんだから!

3,000円ブックオフ芸人編! 芸人たちがガチで選んだ「今必要なもの」とは?
ハワイ……?

井上:そして最後はこちら、『せかたび ハワイ』ですね!

田村:井上くんは節約したお金でハワイに行くんだよね。

井上:そうですね。節約をして最終的にハワイに行くことが目標なんですが、最近コロナで行けてないから雰囲気だけでもってことでハワイ本買いました。

ステ:いや! でも本当に井上くんがすごいのが、芸人やりながらお子さんが2人いて、1~2年に1度は家族でハワイ行ってるって、すごすぎないですか?

はな:それは本当にすごいです。

田村:でも、お子さんはお腹いっぱい食べれてないみたいです……。

井上:そんなことね―よ。なんてこと言うんだ。

ステ:良かった……。

井上:これで以上ですかね! 僕は!

はな:本当に生活に関係あるものでしたね! みんな違ってみんないいなぁ……!

ステ:これ、全部でいくらだったんですか?

井上:3,310円です。

田村:オーバーしてんじゃねーか。

井上:でも! 冒頭に言ったアプリのクーポン使って買って、300円引きしてもらって、あとは、自分のポイント10円分を使ったんで、ちょうど3,000円です!

井上さんのレシート

田村:すげー!……けど、ルール違反だな。これは。

井上:別にいいでしょ。

はな:失格!

ステ:ミイラ取りがミイラになりましたね……。

井上:どういうことだよ。それ。

井上さんの購入品

家族のために必要なものを3,000円で揃えた井上さん。節約家ということでムダ使いをしない生活を続けているそうなのですが、もっと極めるためにムダ使いをやめる本も購入していて皆さん少し引いてました。BOOKOFF 新宿駅西口店で購入。

3,000円ブックオフをやってみて

3,000円ブックオフ芸人編、参加者集合
本当に皆さん楽しそうで、見ていて最高でした!

田村:これで全員終わったね!

ステ:いやー! めちゃめちゃ楽しかったですね!

田村:うん。選ぶ時間も買った本を読んでも楽しかったから、本当にやって良かったなぁ。

はな:私も3,000円で5品くらいしか買えないと思っていたんですけど、本当に好きなものが10品も買えて大大大満足です!

ステ:私も最近ブックオフに行ってないから、好きな作家さんの新作が出てるのに気づけていなくて。

田村:本当に好きなのかよ。

ステ:本当本当! しかも、動画サービスが出てきてから、暇な時間を映像に取られがちだったんですけど、久しぶりに書籍の魅力を思い出せて良かったです!

はな:井上さんはどうでした? 3,000円ブックオフ?

井上:いやぁ〜選んでる時間が楽しかったです! 僕、お店に1時間半いたんですけど、それも閉店時間になっただけで、本当はもっと選びたかったくらいですもん。

田村:めちゃめちゃいるね。

井上:でもその時間が本当に短く感じたかな。それと、ブックオフで買い物する時っていつもは1~2冊なんですけど、今回は3,000円も使えるから普段見ないようなジャンルを見られてブックオフのことを知れて良かったです。

最後に

いかがでしたでしょうか? この記事を書いているライターのみくのしんです!

いやぁ〜! 見ていて本当に楽しかったですね〜!
僕も前回3,000円ブックオフをやったんですけど、メンバーとテーマが違うだけでここまで内容が変わってくるのか!という所が興奮ポイントでした。

そして、本日ご協力いただいた浅井企画の皆さん、ありがとうございました!
とても皆さん優しく面白い方で、座談会中は僕のマイクをオフにして聞いてたんですが、本当に爆笑しながら聞いていたのに、それが伝わらなかったのだけが悔しいです。
焦って「面白かったです」と言ったのも良くなかったかも。そんなん言うやつって嘘だし。

3,000円ブックオフ芸人編、参加者集合

それでは以上になります。皆さんも、気兼ねなく3,000円ブックオフをしてみてはいかがでしょうか?
今回とオリジナルルールでやってみたり、金額を1,000円にしてみたり、漫画本しばりでやってみても楽しそうですね!

それでは、ここまで読んでいた方々もありがとうございました! また、別の記事でお会いしましょう!

TEXT:みくのしん
PHOTO:みくのしん&参加メンバーの皆さん

※取り扱い商品と販売価格は店舗によって異なります。

【関連記事】

この記事はおもしろかった?