環境災害により荒廃した世界。その中で希少価値の高くなった娯楽――「本」を求めて旅をする3人の発掘者(サルベージャー)たちは、やっとブックオフを見つける。他の発掘者も集まり賑わう最果てのブックオフに、接客ロボットが現れて・・・・・・?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加する

▼前回までのお話

最果てのブックオフ第一話「本物の証」

コジカの写真

コジカ

新人発掘者

スオウに憧れてチームに志願した

いちいちリアクションが大きい

スオウの写真

スオウ

隻眼の発掘者

冷静沈着かつ博識のベテラン

寝言が多い

トキの写真

トキ

長身怪力の発掘者

スオウと長くチームを組んでいる無口な女性

あまりシャレが通じない

▼続きはこちら

最果てのブックオフ第三話「征服者の流儀」

凸ノ高秀の写真

凸ノ高秀

漫画家

漫画家。その精細で美しい絵柄と、芯のあるストーリーは読者の心を掴んで離さない。代表作に週刊少年ジャンプで連載していた『アリスと太陽』(集英社)など。

この記事はおもしろかった?